“飲食業界の太陽になる”

太陽の会 会則

一般社団法人『太陽の会』会則

2015年1月20日

 

第1章 総則
本会は太陽の会と称し事務局を㈱柴田屋酒店に置く。

第2章 目的
本会は会員相互の親睦を図ることで、太陽のように熱い夢を実現し、飲食業界の太陽になり、飲食業界の発展に寄与するものとする。

理念:「自社の成長、仲間の成長、飲食業界の発展」
ヴィジョン:「飲食業界の太陽になり、日本中を照らします!」

第3章 会員
会員は本会目的を理解する、意欲ある飲食店経営者により構成される。
会員数は会長、役員、顧問、事務局を除き50社を上限とする。

第4章 活動

  1. 1.勉強会の開催

    毎月第三水曜日を基本開催とする。(別紙参照)
    定例会は基本的に18:00〜20:00、懇親会は20:30〜22:30とする。

  2. 2.親睦会の開催
  3. 3.オフ会の開催
  4. 4.その他本会目的達成に必要な活動

第5章 役員
1. 役員構成 本会に次の役員を置く。

  1. 会長   柴 泰宏
  2. 副会長  岩田 浩
  3. 役員   望月 大輔、山本 勇太、柴田 修平、戸部 隆史、箱部 照太
  4. 顧問   大倉 忠司、秋元 巳智雄、柴田 育男、貫 啓二
  5. 事務局  柴 健宏、柴 大晴

2. 役員の責務

  1. 1.会長は本会を代表し、会務を統括する。
  2. 2.副会長は会長を補佐し、会長不在の場合は職務を代行する。また本会運営において円滑な会務遂行のため、諸般の調整・手配にあたる。
  3. 3.事務局は会務連絡に関する事務を行い、役員会の事業計画について審議し、その執行にあたる。又書記・会計も兼任する。事務局は、事務局長以上2名で行なう。事務局は株式会社柴田屋酒店内に置く。
  4. 4.会の成長により会計・会計監査を設ける.
  5. 5.顧問は会に対し顕著な貢献があり、当人よりの申し出があった場合に役員会で検討して顧問として承認する。顧問は会の成長への意見、メンバーのフォローを行なう。顧問は総会、役員総会への出席を行なうが、それ以外の定例会に対しては当人の意思と希望によって出欠席の判断ができる。

3. 選任と任期

  1. 1.会長・副会長・役員は期首の総会において選出する。
  2. 2.本会役員の任期は、1月1日より12月31日をもって1期とする。

第6条 総会

  1. 1.総会は毎年1月の定例会時に催す。
  2. 2.会長が必要と認めた場合は臨時に開くことができる。
  3. 3.総会の議事は出席者の過半数によって議決する。
  4. 4.会長が必要に応じて役員会を開くことができる。役員会の任務は本会の企画・運営及び庶務、総会の運営、その他必要事項の処理とする。

第7条 会費

  1. 1.年会費は一人12万円とする。
  2. 2.会費は半期毎に事務局に振込む。(前期分は12月末、後期分は6月末までに)
  3. 3.本会の運営にあたり、資金の不足が発生した場合は、役員会の審議・議決をもって、追加徴収を依頼する。

第8条 入会と退会

  1. 1.会員は、飲食企業の経営者であることが条件となるが、役員会が認めた取締役、役員の入会を認める。
  2. 2.入会は会員数に空き枠があることが前提となる。ただし、入会を希望する者はオブザーブ参加を許可し、入会希望者リストにオブザーブした順番に記載する。
  3. 3.入会希望は会員の紹介の上、紹介者同席で役員会の面談の上、入会を認める。
  4. 4.本会に入会しようとする者は、役員会の合意を得た上、年会費の納入を確認した時点で入会を認める。
  5. 5.本会を退会しようとする者は、その旨を役員会に伝える。
  6. 6.年会費を期日までに納付しない者は、退会の意図と認める。
  7. 7.定例会とその月に宿題がある場合に宿題の提出がない場合、たとえ出席しても欠席扱いとなる。宿題を提出するだけでも同様である。年間の開催月の50%以上の出席がない場合は、自動的に退会処置が取られる。日数不足が初回の場合は、再入会の希望を役員会に伝えれば、自動的に再入会となる。退会処置が2回目の場合、再入会の希望があったとしても、通常の入会手続きが必要になる。
  8. 8.役員会で審議の上、本会の発展に寄与しないと認められた者は、退会を勧告する。
  9. 9. 他の会員の利に反する行為を犯した者は、その理由を求め役員会に諮られる。
    審議の上、本会の存在意図に適合しないと認められた者は、退会を勧告する。
  10. 10.自主的、受動的を問わず退会する者は、年会費の返還を求めることは出来ない。
  11. 11.定例会への出席は会員本人が出席する。ただし、出席できない事情がある場合は代理として部下(決裁権をもった幹部社員)を年間3回までは出席させることができる。対象者を事前に所定の書式で事務局に登録しておく必要がある。代理出席する者も守秘義務等、会の規定を守らなければならない。これにより、1社1名のメンバー体制とする。ただし、事務局は別条件。

第9条 精算方法
事務局へ請求書の提出をもって正式な精算とする。

第10条 太陽の会 活動方針

  1. 1.定例会

    ①1月は総会として、2月〜12月は役員会が開催する。
    ②年に数度、地方視察、産地視察等、東京以外の場所で開催される。地域によって会より参加者に30,000円の補助が支給される。この補助は、入会1年 以上を経過したメンバーに適用される。
    ③遅刻・早退は30分以上を基準とし、超えた場合の出席は0.5回として計算する。
    ④出欠席の確認はFacebook・LINEグループを活用し、所定の期日までに各自勉強会・懇親会の参加有無を回答する。

  2. 2.部外活動

    ①年に数回、海外視察を有志で行う。参加者には会より30,000円の補助が支給される。(但し入会1年以上のメンバーのみ)
    ②年に数回、ゴルフコンペを有志で行う。費用は各自実費。

  3. 3.社外取締役制度

    ①自社の店舗をチェックしてほしいという要望があった場合にメンバー同士で視察に行く制度。
    ②定例会上で店舗を決定して、行くメンバーを募り実施する。リーダーを決める。
    ③一人に付き5000円まで会費で負担する。領収書が必要。
    ④視察に行ったメンバーは、所定の調査票に記載して、調査票を店舗の経営者メンバーにリーダーより渡す。
    ⑤視察を受けたメンバーは視察の実施の翌々月にフィードバックを行なう。欠席の場合は直接行う。

  4. 4.宿題

    ①定例会の内容によって事前に担当班から宿題がある場合がある。
    宿題は期日までに事務局に提出する。宿題のある月は出席と宿題の提出の両方がなされていなければ出席回数と数えない。ただし、欠席でも宿題を提出した場合は宿題の取りまとめを受け取ることができる。
    ②顧問は宿題提出の規則に捉われない。

第11条
本会則を改正する場合は、総会の議決による。

第12条
会長は役員会に諮り、必要な事項に関して細則を定めることが出来る

【年間スケジュール】
1月18日
2月15日
3月15日
4月19日
5月17日
6月21日
7月19日
8月23日(第4水曜日)
9月20日(青森)
10月18日(大阪)
11月15日
12月6日(第1水曜日) 忘年会

ゴルフコンペ 偶数月本会当日
海外研修①:バンクーバー(6月27日〜7月2日)
海外研修②:バンコク(11月20日〜23日)

最新活動情報

ページトップへ