“飲食業界の太陽になる”

活動詳細

2021.09.24

2021年9月 太陽の会

9月のテーマは、『オーナー経営者の資産形成・節税と財務』についての内容でした。

 
今回は、1,000人以上の経営者と話し、“何があっても絶対につぶれない会社にする”財務コンサルティングを展開されている、株式会社WinToWinコンサルティング 代表取締役 梶山友樹氏にご登壇頂きました。

202109_01

お話の中で特に印象に残っているのが、”売上に直結せず、誰にも痛みなく削れる支払は極力なくす”というフレーズでした。社内の仕組みや経費として使われている部分を見直すことは、身近で手を付けやすいもの。
具体例として挙げられていたのは、退職金のメリットを生かすことや、役員給与設定、旅費規程、社宅制度。
社宅制度などは、無駄を削減どころか、ただ会社としての支出を増やす福利厚生だと考えている方もいらっしゃったかもしれません。
しかし社宅制度は、うまく使えば”会社も社員もハッピーになれる制度”とのこと。これには会員の皆様も、え?そうなの?と驚きの様子でした。

 
今回のセミナーを聴き、今一度自社の制度を見直すきっかけになった方も多いかもしれません。
経営者が会社や社員を守るために、”知っている人だけが得をすること”を理解して、運用していくべきということが存分に詰め込まれたセミナーとなりました。

 

また、後半は久しぶりの新人戦も行いました。
8月に入会された、株式会社大髙商事の高階宏一朗さんです。
ちゃんぽんの業態を展開している会社で、特にこだわっているのは”野菜”。もともとちゃんぽん麺と言えば、野菜が豊富なイメージはありましたが、よりおいしく食べてもらうためのこだわりが詰まった店舗を展開されています。

202109_02

商品画像を拝見しましたが、他の店舗ではあまり見ないくらいカラフルで食欲を刺激する商品ばかり。見た目はパスタ店のような雰囲気で女性受けも抜群、ボリュームは男性も満足でこだわりの野菜がたっぷり。
店舗展開はなんと19店舗。ちゃんぽんを事業の柱としてこれだけの展開ができるのは、高階社長のこだわりとブランディング力の賜物だと思います。
高階社長、これからよろしくお願いいたします!



メンバーサイト

最新活動情報

ページトップへ