“飲食業界の太陽になる”

活動詳細

2012.08.27

2012年4月太陽の会 労務勉強会@炎丸

今回、「太陽の会」の勉強会では、

労務関係のディスカッションをしました。

今の飲食業界では旬(?)で、

メンバーの皆さんにとって頭の痛い議題でもあります。

以前は、飲食業界の従業員は独立志望が基本で、

商売や料理を学ばせてもらってるという考えでした。

だから、働いてる間は「修業をさせてもらってる」という気持ちなので、

長時間労働も当たり前で、不満を持つ言うこともなかったわけです。

私もこういった環境がすべて良いとは思ってませんでしたが、

「他人より働くことが、成功への道」

という考えで来たのは事実です。

それが良い意味でも、悪い意味でも、

従業員がサラリーマン化(?)してきたので、

従来の考えを持つ経営者とのギャップが出て来てるのが現状です。

そのギャップが、いろいろなトラブルや訴訟問題が起こってるのだと思います。

だから、我々経営者も意識改革をしていかなくては、

今の時代に対応できなくなってきてます。

労働基準法に関しては、いろいろな意見があります。

私もこの法に関して、すべてを納得してるわけではありませんし、

改めていって欲しいところは、意見としても伝えていきたいと思ってます。

しかし、今はこの法である限り、

これに従って経営していかなくてはなりません。

それが「外食産業の社会的地位の向上」に繋がるならば・・・・。

各社長は、様々な思いを抱えながら、

熱いディスカッションを終えた4月の「太陽の会」でした。

(この記事は株式会社鳥貴族 大倉社長のブログから引用させていただいています。)

メンバーサイト

最新活動情報

ページトップへ